『私とケーキの出逢い』

今回は、ソムリエの久野にかわり、私横瀬が「珈琲エッセ」を担当させて頂きます。


どうぞ!!パナッシェです
 私がコーヒーファクトリーで働き始めたのが5年前の事です。全くケーキ作りの経験がない私を面接で、何か感じる物があったらしくその場で直ぐ採用になりました。
 未経験者の私が・・・という半信半疑の気持ちもありましたが、以前パン屋さんで働いていた時もあり基本的には物を作る仕事が好きな私なので、せっかくの機会を与えてもらいケーキ作りという未知の世界へのチャレンジと、ソムリエの私への期待いの気持ちにも答えなくてはというプレッシャーに駆り立てられました。

 実際ケーキ作りになると、何もかも初めてでホイッパーの持ち方でさえぎこちなくて自分自身で恥ずかしくなる位でした。
 ケーキ作りの場所は、お店の入り口の直ぐ側にあり、お客様が入って来る度にこちらを覗き声を掛けて来てくれるので、こんな手つきで作っているのがすごくいやで何とか早く身に付けなくてはとあせっては余計に失敗したりと、なかなか作業がはかどらずくやし涙を何度したか・・・・
その度にいつもソムリエに相談に乗ってもらっていました。
だけどいつもかえってくる言葉は厳しく!!

タルトのナパージュぬり


 私に早くプロ意識で美味しいケーキを作ってもらいたい為だとわかっているのですが ・・・いつもその時に心の中では「今に絶対美味しいケーキを作るぞー」という気持ちでいました。

 コーヒーファクトリーの自家製ケーキは代々シフォンケーキとタルトが中心です。
 シフォンケーキは16種類あり(一番人気のシフォンはバニラのシフォンに苺をサンドした苺のシフォンです。)スポンジがとてもふわふわしていて口の中でとろけるようなケーキです。
 タルトは12種類あり、季節の生のフルーツ(苺・ブルーベリー・ラフランス)を使ったり、フルーツのコンポートを使ったりしていました。

スペシャル苺タルト 杏子のタルト バナナのタルト シナモンの
シフォンケーキ
チョコチップの
シフォンケーキ

 この代々受け継がれているケーキの味を私が作り始めてから「美味しくなくなったわよ」とかお客様に思われたら堪らない。なので何度も何度も失敗しても自分の納得のいくまで作っていました。
ケーキの素材もソムリエ曰く〔お客様の為に美味しいケーキを作る為なら幾ら高い素材でも使え!〕と言われていました。妥協は許さない。そういう環境でケーキ作りをしている自分がとても贅沢だと思いました。中々自分の好き勝手に出来るようなケーキ屋さんはない!
 その為にも私は、ソムリエから早く「美味しい」と言われるように一生懸命に分からないながらも失敗してもその原因を理解できるまでに人より何倍も時間は掛かりましたが、ケーキ作りに気持ちを込めて作っていたのは間違いないです。愛情をもって!!
 まだまだ話し足りませんがこの続きは次回に・・・・・

次回は自家製ケーキのレシピ大公開です!!
お楽しみに!!


珈琲エッセイのトップへ