珈琲とお菓子の物語珈琲とお菓子の物語コーヒーファクトリートップページコーヒーファクトリートップページお問い合わせ

★2月のスペシャルお菓子★〜パンフスプリングスの思い出
前回は、私がカナダの『パンフスプリングスホテル』での3年間の教訓と思い出の詰まったソフト系の焼き菓子をピックアップいたしましたが今回はハード系を加え、パンフ時代に受賞を得た思い出の数々をフィールドバックいたしました。 特に県特産の素材(卵・牛乳・バターetc)をふんだんに使って懐かしい『パンフ時代』の思い出をソムリエのスペシャルコーヒー《パンフスプリングスブレンド》と一緒に御堪能下さい。

★2月のスペシャルティーコーヒー★〜パンフスプリングスブレンド
今月のスペシャルブレンドは、前回同様に門林シェフのパンフスプリングスホテル時代に数々の受賞を得た思い出のお菓子に合わせて作った寒い冬に雪がいっぱい降り積もったカナディアンの風景をイメージして作り上げた爽やかな香りとリッチなコクが特徴のスペシャルブレンドです。


前回でもお話を致しましたが『自由が丘・風月堂』に勤務中、“他店で仕事 を経験しなければいけない!”と感じた時にたまたま中学時代の友人がカナダのバンクーバーの食品会社に勤めておりその彼が有名な《パンフスプリングスホテル》を紹介してくれました。

ここはカナダの超有名なリゾートホテルで旅行会社のパンフレットには必ず出てくる客室数は1000以上ある大きなホテルです。ハイシーズンは夏でカナダだけではなく様々な国から来る避署客で大賑わいです。

そんな環境の中、カナダで過ごした3年間で一番嬉しかった事は自分の力を発揮してアピールできたこと。行った当時は言葉が不自由だった為に仕事で自分を表現するしかありませんでしたから本当に仕事に集中できました。
門林秀昭氏
『欧風菓子 グリンデルベルグ』 オーナーシェフ

プロフィール&お店の紹介
それに誰も私の事を知らないわけでしたからこのホテルで得た評価は本当の自分の実力なんですよ。

カナダで働いていた時に初めて“おれは、お菓子作りが好きなんだな”と感じる事が出来 それだけでも行ってよかったなと思います。
そしてなによりも素晴らしかったのは奥日光で生まれ小学校から高校までスキー部に所属し、全日本選手権にも出て活躍をしてパンフスプリングスホテルのギフトショップで働いていた妻と出会い、時には私が作ったお菓子を一緒に食べたりボールいっぱいのブルーベリーを食べたりした楽しい思い出ばかりです。

このような環境の中一番思い出に残っているのが今回ご紹介します焼き菓子なんでよ。

中でも『デビルスフードケーキ』〜黒い悪魔〜は当時、一番評判の良かったオリジナルのガトーショコラです。当時を思い出してこの企画のために心をこめて作りましたので是非一度ご賞味ください。



門林シェフのお店『グリンデルベルグ』には私たちが皆さんにご案内したい夢のあるお菓子たちがたくさんあります。

したがって、今月も先月同様に歴史と物語のあるお菓子達をご紹介して参りたいと思います。

今月のお菓子は門林シェフがパンフスプリングスホテルの製菓長を務めていた時代にエドモントン士厨師協会で数々の金賞を得たハード系の焼き菓子とシェフが自慢としているこの企画のために作っていただきましたL2でご紹介をいたします『デビルスフードケーキ』〜黒い悪魔〜オリジナルガトーショコラをご提案いたします。

また、L1で御案内致しますお菓子は日本風にシェフ独自の感性で地の最高の素材(牛乳・バター・卵・果物etc)をふんだんに使ってオリジナルのお菓子を作っていただき、当時の色んな思いで話などをお聞きして私なりにお菓子をご馳走になった率直な印象を元にこの《パンフスプリングスブレンド》は完成いたしました。少しでもカナディアンのロケーションを御堪能いただければ幸いです。


HOME