珈琲とお菓子の物語珈琲とお菓子の物語コーヒーファクトリートップページコーヒーファクトリートップページお問い合わせ

 

〜先輩からの味〜

もともと菓子作りが好きで『シャンドン』、『ルノートル』と2軒の菓子専門店で修行して『シェ・麻里お』でケーキを売るコーナーを設けたせいか、私の事を菓子職人と思っている方も多いようですがあくまでも本業は料理人。

私がデザートに凝りはじめたきっかけは『ビストロ・サカナザ』時代、近所のレストランでシェフを務めていた斉藤元志郎さん(現ラ・ルーヌ)にフランスから持ち帰ったばかりの最新デザートを教えてもらった事でした。フルーツのグラタンやスフレ・グラッセをはじめて見て驚き、ケーキとは全く違うデザートの世界に目を開かれたのです。

そして、『シェ・麻里お』をオープンさせ私がこの店で表現しているのは修行時代から今までに得た、全ての集大成のようなものです.一皿一皿に先輩たちから学んだ事を生かし、自分なりの工夫を加えて作っていきたいと思っております。


そして今回、この『珈琲とお菓子の物語』の企画を知り、店内では提供していないお菓子を作り上げました。

発酵バター・地卵・私が時間を掛けて漬け込んだフルーツ(くるみ・いちじく・アプリコット・レーズン・洋梨・桃)をたっぷりと使って仕上げたオリジナルの《フルーツのパンドケーキ》です。
このお菓子に久野氏がスペシャルコーヒーを作っていただきご馳走になったとこ、とても相性の良いか昔を思い出したような錯覚さえしました。どうぞ素晴らしいフレンチの世界を御堪能下さい。





 

最後に小川洋氏(クローエン)、坂井宏行氏(ラ・ロシェル)、石神和人氏(ベル・フランス)、清水純氏(シャンドン)、山村幸比古氏(ラーモニー・ドウ・ラ・・ルミエール)、三国清二氏(オテル・ド・ミクニ)、斉藤元志郎(ラ・ルーヌ)、田代和久氏(ラ・ブランシュ)、その他良き先輩方、友人たち。

彼等がいなかったら現在の私はいないに違いありません。


 


(ふれんちブレンド)産地でじっくりと天日乾燥(サンドライ)した完熟の珈琲だけをブレンドしてフレンチローストで煎り上げました。
普段、フレンチローストの苦手な方でもこのお菓子と一緒に飲んでいただいたり、朝のパンなどと一緒に召し上がっていただきますと最高に美味しい珈琲です. 今まで味わった事のないフレンチの世界を御堪能下さい。
 


 
 

名付けて「シェ・麻里おのフルーツのパウンドケーキ&ふれんちブレンド」のできあがり!
中川シェフありがとうございました!

 
 



HOME