珈琲とお菓子の物語珈琲とお菓子の物語コーヒーファクトリートップページコーヒーファクトリートップページお問い合わせ
今月の物語
今月のパティシェ

 

今月は再度東京・八王子『パティスリーメゾン』田中シェフにオリジナルのお菓子を作っていただきました。第5話で『あんずのタルト』でシェフが言うように素朴の中にある秘めた味、深い味わい。初めて試食した時、この言葉が本当に実感できとても感動した事を今でもはっきり覚えています。
今回は古典的なお菓子『ガトーバスク』を作っていただきました。
バスク地方は、スペインとの国境地帯に位置し独自の文化を持ったフランスでも特殊な土地です。この地方の古典的なお菓子が『ガトーバスク』です。本来ブラックチェリーやカスタードクリームなどを入れて焼き上げるのですがメゾン風ガトーバスクは、卵は神奈川県産を使用し、良質の発酵バターとヘルシーなクランベリーのドライフルーツを使いフランス産のへーゼルナッツの香ばしい香りで包み焼き上げました。
サクサクとした生地、カリカリしたザラメ甘酸っぱいクランベリーこの3点のハーモニーと食感とソムリエが提案していただく『オータムブレンド』と一緒にお召しがリいただければ幸いです。










『ガトーバスク&オータムブレンド』
田中シェフにご提案いただきました今回の『ガトーバスク』を試食して最初に感じた
ことをそのまま素直に珈琲に表現してみました。
つまり、季節も珈琲がおいしく感じられ今までとは違った濃厚の味が欲しくなり、まさにこの焼き菓子にピッタリの珈琲です。スペシャルティーコーヒーのブラジル・コスタリカ・ホンジュラスを中心としてフレンチローストでじっくりと煎り上げたリッチでコクのあるスペシャルブレンドです。是非一度ご賞味下さい。



HOME